ブリスベン国際2017の観戦記録

2017.01.09

日本のスター選手が自分の近くで試合出場ということで、去年に続き応援に行きました。

会場のQLD Tennis Centreは、ゴールドコーストから電車で1時間のYeerongpilly駅から徒歩10分程。(チケットを持っていると電車代は無料) 以下、計4回の観戦記録です。

①1月3日、ナダル戦をコーポレートボックス席にて。幸運にも知人からの招待でした。シャンパンや軽食をいただきながらの観戦。 s-15970820_10210440672229564_1325469727_n 試合の合間にプロ選手が各部屋を訪れ、質問に応じてくれて一緒に写真撮影。今回は、ウクライナのエリナ・スビトリナ選手でした。この大会では第1シードのケルバー選手を破る活躍でベスト4になった選手です。 s-15970301_10210440672589573_249231705_n ②1月4日、錦織選手のダブルス2回戦をグランドパス(ゲートで$22)にて。まず錦織選手シングルスの勝利をアリーナの外の画面で見届けてからダブルスのコートへ。試合開始時間にはまだ人もまばらで極間近の席で観戦。(徐々に満席に!)結果は惜敗でしたが、ティアム選手とのやりとりでのリラックスした表情、素晴らしいショットの数々を堪能しました。 s-15970051_10210440672909581_288424459_n 試合後、錦織選手の退場は見逃しましたが、選手達はファンとの自撮りに応えたりしながら目の前を退場していきました。 s-15936017_10210440672389568_391338333_n ③1月6日、錦織選手の準々決勝、オーストラリアのトンプソン選手相手のアウェイ戦を前日にTicketek(公式チケットサイト)にて購入。審判後ろの一番前の席がとれました。(カテゴリーA、発券手数料込で$140)試合前練習も間近で堪能し(弊社のFBに動画掲載)11時からの試合は、まずワウリンカ戦を十分に楽しみ、次に錦織選手の快勝を満喫。 s-15942066_10210440672109561_498207060_n ↑の観客席、目の前を横切る錦織選手をi-Phoneで↓のように撮影出来る近さです! s-15970652_10210440673069585_314873144_n 観客席に日本から応援に来た出川さんとロッチ中岡さんがいたと家でテレビ観戦していた娘から連絡あり。次の女子シングルスを少しだけ観戦してPat Rafter Arenaを後にした矢先、その出川さんと中岡さんに遭遇。「写真を撮らせていただいてよろしいですか?」と思い切って声を掛けたら快諾して下さり3人で自撮りまで! 錦織選手にお願いするチャンスがあるかもと持参した色紙にサインもいただきました。出川さんから「あそこ(サインもらえる所)に行かないとダメだよ~」とダメ出し~。 s-IMG_7677 s-15970122_10210440672669575_1962215681_n ④7日の準決勝のワウリンカ戦は自宅のテレビで応援し、見事な勝利! 決勝も自宅応援の予定でしたが、一応チケットを調べるとその時点で購入できる可能性がありました。ブリスベンでの優勝を見逃したくないという気持ちが沸き上がり、当日朝再びチケットサイトを見ると全席exhaustedとなっていて一度は諦めましたが、なんとか上の方の席をゲット。試合開始間際になって再びチケットサイトをチェックしてみると、非常に近い席が購入可能になっていました。スポンサー席が放出されたのかもしれません。 s-15935832_10210440670989533_1532710622_n という経緯で1月8日の決勝戦は座席表305セクションの3列目にて。階段の手摺が視界に入りますが、想像するほど選手は遠くありません。 s-15933847_10210440672189563_540074161_o 第1セット、ブレイクのチャンスを逃すなどで結果は6-2、第2セットは錦織選手が俄然盛り返し2-6で期待が高まったところでメディカルアウト。第3セットはディミトロフ選手が6-3と制し、絶好調の優勝となりました。 錦織選手は非常に残念な準優勝でしたが、全豪でベストコンディションでの優勝を祈願します。

私の隣には日本から観光でサーファーズパラダイスに来たという女性が一人で観戦していました。予定にはなく、急遽帰国日を変更したそうです。突然でもこんな風に観戦出来るなんて!と喜んでいました。表彰式も写真に撮り、とてもよい思い出になったことでしょう。 s-IMG_7828 ブリスベン国際はメルボルンでの全豪オープンの前哨戦とも言われ、トップ選手が参加するわりに、気軽に観戦できます。お伝えしたように、翌日の試合オーダーが決まってからでも比較的チケット購入がしやすいです。(シングル席限定の可能性は大) 錦織選手はこちらでも人気ですが、日本の熱狂的ファン層に比べれば、こちらではより間近に接したりサインをもらったり出来る可能性が高く、テニスファン、ミーハーファン共にとても楽しめます。

錦織選手は来年もまた来て優勝を狙うとインタビューで答えていましたので、是非2018年年始のブリスベン国際観戦を検討されてはいかがでしょうか。

ジェットスタージャパン 国際線セール中

2015.04.27

セール販売期間 2015年4月27日18:00~5月1日18:00

搭乗期間 2015年5月23日~12月22日  ※日によって料金が異なります。

例として、成田ーゴールドコースト直行便(セール価格片道¥16000)に税金と諸費用、20kg預け荷物を含めた料金は往復¥68070~です。

冬のGCはゴルフやテニスには最適です。是非お見逃しなく!

http://www.jetstar.com/jp/ja/special-offers

テニスガールズ 最終日

2015.04.03

はやいもので最終日です。 午前中はサーファーズパラダイスのビーチを見て、チュロスのカフェで英語のチェック、お土産の買い物、そして焼肉ランチを楽しみました。 IMG_2966 大変心配していたお天気も、テニススクールがあるサウスポートは、なんと晴天!夕べからの大雨がうそのようでした。 今日のトレーニングには、スクールのボーイズが3人参加してくれました。 ジョンコーチ、ギャビンコーチが、今日は最終日ということで、楽しくトレーニングをしようということでした。 “fun and skill” ”バウンス”:1ボックスを使い、自分が1バウンドして返す。ラケットを両手で持って、打つ。ラケットを打球したら、おいてあるラケットに持ち替える。20球。エラーをしたら20 球続かない。ティームワーク。 スライスチャンピオンシップ:*コーンをヒットしたらポイント。一人がヒットしたら、ほかの人はカンガルージャンプをする。*トップスピン&スライス*スライスボレー ベースライン:ボールをラケットでキャッチして、バウンスしてヒットする。サーブ&キャッチ:クロスコート シングルスポイント:*攻めと守り:3球クロスコートした後、プレー どうやって攻めるか、ボールをみきわめる *球出しをし、ネットについてボレーした後、プレー ボールをコントロール テニスはシンプルである。相手が取れないボールを打てばいい。(ジョンコーチ)みんなの得意なコンタクトポイントは、ミドル。それでは、相手が取りにくいところは、高いボールか低いボール。そのようなボールをヒットするには、たとえばスライス。ボールをコントロールすること。 シングルズのタイブレーカーをした後は、2人のコーチも参加してダブルスをしました。 tennis day 10 147 tennis day 10 137 アプローチショットポイントボレーショットポイントスマッシュショットマッチポイント 最後のドリルをやり終えました。何時までも続けていたいという雰囲気でした。 tennis day 10 153 一人一人にコーチからレポートとビデオが渡され、握手しました。コーチのスピーチ:ゴールドコーストでの2週間のトレーニングをプラットフォームとしてこれからも技術面精神面でトレーニングに励んでほしい。これからの良い結果を期待している。スクールでは、みんなと仲良くなれたので、これからもメールなどで連絡を取り合ってほしい。 5人が日本を代表するジュニアのテニスプレーヤーだとしたら、ぜひ日本へ行ってみたい。みんなのことは、忘れない。 tennis day 10 201tennis day 10 208 みんなで、サインをしてもらったり、写真を撮ったりしました。 tennis day 10 222 最後まで、スマイルを忘れず、何事もポジティブで、テニスに真剣な5人は、コーチ陣にもとても良い印象を与えたと思います。これからも日本での活躍を期待しています。また、良いニュースを待っています。

(テニスアテンド担当 カエミ)

テニスガールズ 英語学校終了式

2015.04.02

今日は英語学校の終了式で、一人一人終了証をもらい、一言ずつスピーチしました。 IMG_2887 - Copy 明日からイースターということで、抽選でSちゃんが大きなバニーチョコを当て、全員がイースターエッグチョコをもらいました。 持ち寄りのパーティーはカレーライスや各国料理やケーキやドーナツなど、盛り沢山で皆苦しいほどお腹一杯食べていました。 IMG_2906 ミッシェル先生が皆との別れを本当に寂しがっていました。皆で写真を撮り、また会いましょうと言って分かれました。

 

夕べから大雨でテニスはオンコートのトレーニングができるかとても心配でしたが、どうにか1時間くらい雨がやみ、コートの水もはけて練習ができました。コンチネンタルグリップで、スライスのトレーニングをしました。*右足:スライスバックハンド 左足:スライスフォアハンド 足を間違えないように。*足:クロスオーバーステップで1.5倍リーチが長くなる。*ダブルハンドの人も、時と場合によって片手にする。シャラポアのバックハンドスライスをyoutubeで見ること。 tennis day 9 011 ポールコーチとジョンコーチで、サーブ、レシーブをしているとき雨が降ってきて、室内でのトレーニングに切り替わりました。 tennis day 9 052 5時からスクワッドの仲間に参加しました。 tennis day 9 145 ハードなトレーニングが終わり、ジョンコーチと奥様のロスさんがピザパーティーをしてくださいました。ウエスコーチがガットを張り替えているのを見学しました。パーティーでは、みんなと仲良く打ち解け、写真をたくさん撮っていました。 tennis day 9 197 明日が最終日ですが、お天気になってほしいです。

テニスガールズ Day8

2015.04.01

今日は、午後には雨が上がり、風が強い曇りの日になりました。気温は26度と結構涼しかったです。

トレーニングは、ジョンコーチとヘレナコーチが担当しました。

ジョンコーチが一人一人ボールをヒットしてくれました。ほかの4人は、ヘレナコーチが担当しました。

tennis day 8 034tennis day 8 051

《個人へのコメント例》*もっと自信を持ってプレーをしよう。*もっと攻撃的にプレーしよう。*コーチが打球したら、スプリットステップをすること *良いワークアウトだった。ジョンコーチの打球に良くついてきていた。*フォアハンドがフラットなので、リスクが大きい。*この調子でトレーニングに励んでほしい。*体力。もっとフィットネスが必要。*もっと勢いをつけて打球しよう。*もっと足を使おう。コーナーに位置しているが、もっとボールに対して動く。*もっとスマイルしてプレーしよう。*グッドプレーヤーに必要なもの:自信と経験。経験は、たくさんの大会やトーナメントを経験し、たくさん試合をする。*ボレー:もっと深く *ボールをヒットしたら、その場にとどまっていないで、動くこと。*ポジション:1.ベースライン:守り 2.ネット:攻め *ミドルコートにボールが来た場合、ベースラインに行くか、ネットに行くかどのように決めるか?ショットのできばえを良く見極めて決める。

tennis day 8 092tennis day 8 107

ヘレナコーチのグループの様子:ペアになり、クロスコートでラリーコーナーのマークを狙うショートボール、ロングボール、アプローチ、ネットプレー

サーブのトレーニングの様子ひざを付いてサーブする。ハーフサーブ*ネットしないように。*フィニッシュをきちんとする。

tennis day 8 146

コート6:ペアーで、7ポイント先取 コート7:ヘレナコーチの球出しで、フォア、バック、ボレー、スマッシュ *スマッシュ:ボールは頭の上で打つ

ドリル:クレージーテニス ボールをノンストップでヒットする。ドリル:一球ずつ交代でヒットする。

ヘレナコーチが、ガールズ5人はゴールドコーストに残ってテニスのトレーニングをしてください、といっていました。1週間少しの期間でこれだけ上達したし、ガールズのテニスに対する姿勢、コーチや仲間に対するレスペクトがとても良い、ということでした。ジョンコーチからも、初日のテニスに比べると、とても上達しているというコメントをいただきました。ポイントゲームを見学していたギャビンコーチも、試合運びもとても良くなったといっていました。

tennis day 8 186

キンバリーの試合結果がトレーニング中に届き、一回戦6-1,6-1で勝ったそうです。相手は、去年負けた相手だったので、ジョンコーチは喜んでいました。($15000メルボルンクレイコート大会)お天気も、どうにか持ちましたが、最後のクールダウンのときは、雨が降り出しました。残り2日ですが、お天気になってほしいです。

 

テニスガールズ Day7

2015.03.31

今日は朝から雨がざっと降ったりして、どうなるかなと思っていましたが、トレーニング中は曇りでした。 トレーニングも終盤にさしかかり、みんなが疲れが出てき始めたようです。 今日のコーチは、ジョン、ギャビン、アンドレアスでした。 ウオーミングアップ *テニスプレーヤーにとってとても重要 tennis day 7 017 今日は一人ひとりジョンコーチがついて、ビデオを撮りました。バック、フォア、ボレー、スマッシュ、サーブ全ての技量チェックと改善点、注意点についてジョンコーチがビデオの中で細かく指摘しました。最終日にこのデータを渡しますので、日本に帰ったらよく見て指導されたことをよく練習してほしいということです。 tennis day 7 040tennis day 7 048tennis day 7 066tennis day 7 073 tennis day 7 110 ※保護者の皆さんには日本語にしたものをメールでお送りしていますが、このブログでは個人指導の内容は割愛させていただきます。 トレーニングが終わって、ジョンコーチの息子さんとアデレード出身で毎日トレーニングに来ている日本語が上手な彼と一緒にばば抜きをしました。 tennis day 7 129 トレーニングが始まる前の疲れは、どこへいってしまったのでしょうか!みんなハッピーです。 tennis day 7 133

テニスガールズ2週目 Day6

2015.03.30

週末には、ホストファミリーがショッピングに連れて行ってくれたり、バイロンベイへ灯台を見たり、泳いだり、教会に行ったりと、楽しそうでした。2週目に入って、気がついたことは、みんなゴールドコーストの生活に慣れてきたかな、ということです。コーチとの会話も、たくさんしていましたし、自分から英語で話す努力が見えました。今日は、ギャビンコーチの34歳の誕生日だそうで、みんなで、ハッピーバースデーを歌ってお祝いをしました。

ウオーミングアップ1.アップアンドダウン:ラケットでボールを上へバウンスし、もう片方の手でボールを下にバウンスする。手を途中でかえる。2.ラケットの周りを両手でボールをバウンスしながら回る。途中で方向をかえる。3.ペアーになって、ボールを投げてキャッチ。サーブをするように投げる。4.ペアーで、一人が座り、もう一人がその周りを回る。回っているときは、コーチのほうをむいて回る。5.オレンジ:スプリットステップ+フットワーク  グリーン:マークの周りを2回まわる  赤:ハイニー5回してジャンプ  黄:腕立伏せ+ジャンプ  マークをミックスしておき、各色の動きをそれぞれする。

ボレー:ペアーになり、1球ずつボレー。フォア、バックハンド。*ボレーを打球する位置にきたら、スプリットステップをする。

tennis day 6 027

ラリー:ベースラインの内側でボールをヒットする。フォアでヒットしたら右側へフットワーク、バックの場合は、左側へフットワークする。*ネットしないような高さ。ボールをコントロールする。*5人のテニスのスタンダードは、テニスに対する姿勢、技術は今のレベルでは、とても良い。*フットワーク、コントロール(スピンをするなど)、レディーポジションは、大切。ワイドボールのときでも、怖がらずにする。

 

 

ネット、サービスライン、各20回連続ボレーベースラインで、20回連続ラリー x2回*日本に帰ってからも、このトレーニングをするように

Dingles: ダブルスとシングルスが一緒になったもの 最初、シングルスでプレーし、ポイントをとったら、ダブルスのフォーメーションになってプレーする。シングルスポイント:1 ダブルスポイント:2 *スコアー:スコアーは常にわかっていること。タクティクスを決めるにあたり重要。 自分のスコアがよければ攻める。落ちているときは、安全性を狙ったプレーをする。*スコアーをみんなでいう。

tennis day 6 051

フィットネス:1.ペアーで、一人のする動き(コーンをジャンプ、フットワークなど)をもう一人がまねする。2.ジャンプして、前向きになりコーンの周りをまわる

ドリル:ボレー一人ずつ、3球ボレーをし、その後5球ボールを拾ってローテーション。

tennis day 6 073

ドリル:ボレー *スイングはしない *ラケット面を狙うほうへ向ける *コンパクトに *バックスイングはしない

ドリル:ボレー&スマッシュ *ボレー:前に出ること *ボレーからスマッシュ:走るように。じっとボールを待っていない。まとめ:*クロスステップ *コンタクトポイント *ラケット面のアングルは、高さでかわる *ラケット面=壁 *待っていない

tennis day 6 106

ダブルス:ポイントを取った人がポジションを移動。*常に動いていること。じっとたっていない。*ショートボール:前に *ネットにアプローチしたらその場に残る。後ろの人がカバーする *コール! *2人でバックする:ディフェンス *前に出てボレー:アタック *ダブルスの場合、二人で前にでる:相手方にプレッシャーをかける

GOOD WORK! コーチの話:5人ともポジティブな態度はとても良い。いつもスマイルしている。ポイントを落としても、このような態度ならば、カムバックできる。これはみんなの強み。また、学習意欲がある。テニスは、ゴールドコーストのように波がある。良いときと悪いときがある。サッカーのように、時間内で勝ち負けが決まるスポーツではない。試合時間が長引くこともある。このようなことを考えると、みんなのポジティブさは、とても重要である。
tennis day 6 128サーブ:一人一人の注意点の指導。

ダブルス:ポイントを取るとローテートする。*スコアーをいうこと

tennis day 6 145
フィットネス:サンディーコーチ
ウオーミングアップ:どのくらい遠くにジャンプができるか スパイダーマンウオーク:体幹によい リープ&ランジ ボールをキャッチ

ストレッチ クールダウン
最後にフラフープをしました。まだまだ元気です!

 

テニスガールズ Day5

2015.03.27

今日も良いお天気に恵まれ、ゴールドコーストは29度、蒸し暑い1日でした。

英語学校から、みんなでテニススクールまで歩いてきます。今日は、英語教師と一緒に近くにあるオーストラリアフェアーというショッピングセンターに行って実際に英語を使って1時間くらいショッピングをしたそうです。

今日のウオーミングアップは、コートの隣の公園でしました。フットワークをしながら、2つのボールを投げ、キャッチ。ペアーになり片手でボールを投げ、キャッチ。色をいって、その色のマークをまわる。コーンをジャンプ、色のマークの周りを回りサイドキックで木をまわる。

tennis day 5 016

<オンコートトレーニング>グランドストローク

コーチがボールをだし、クロスコート、ダウンザライン、クロスコート、ダウンザライン、とヒットする。*足は常に動いていること。*交代時は、歩かないで走ること。

キンバリーが奥のコートでトレーニングしているので、見学しました。キンバリーはITFジュニアワールドNO.18だそうです。

tennis day 5 036

クロスコートラリーゲーム:”ピンポン”一人ひとり交代でヒットする。*ネットを越える高さを維持すること。*スピン:コントロールが必要。*自分がいるポジションを考え、相手が返しにくいようなボールを打つ。そのために重要なこと:1.時間  2.スペース

ゲーム:クロスコートで3ポイント連続して取ると勝ち*ボールをたかく

サーブ 素振り1.ラケットを指2本で持ってサーブ 2.サーブをしたら右足をあげる

4球すべてが相手側コートにインするようにサーブ。*ひざ:O脚にならないように。両膝を同じ方向へ(ロジャーフェデラー式)足首をつける(ラファエルナダル式)

tennis day 5 054

ゲーム:コーチがボールを出し、クロスコートでコーチに返し、一人加わり、ダブルスフォーメーションになってヒットする。*前に出ることを考えること

ゲーム:クロスコートにスマッシュ。ボレー。*ネットになるときは、ラケットのアングル注意。ボトムエッジ。*ボレーでは、ラケットを振り過ぎない*スマッシュ:HOLD,HOLD,UP

最後に、3コートに別れ、シングルスの試合をしました。3球クロスコートにヒットしてから、通常のヒットになる。7ポイント先取で勝ち。勝った人は、そのコートに残り、負けた人はコートをかわる。コーチも加わりました。

tennis day 5 092

フィットネス:サンディーコーチ テニスのトレーニングをした後なので、筋肉を軽くほぐす。ペアーになりビーンバックをキャッチ、キックフットワーク:同じ色のフープフリスビー:バックハンド

メディスンボールを使ったエクササイズ ストレッチ

tennis day 5 153

今週末にするフィットネス宿題:1.ランジ 片足ずつ10回2.腕立伏せ10回3.スクワット10回4.プランク30秒5.友達とペアーになって腕を組み引っ張る10秒以上を3セット*フィットするためには、よく食べること。たんぱく質、炭水化物、良い糖質が必要。*ココナッツウオーターが良い。自然のスポーツドリンク。

テニスの宿題:ギャビンコーチ 1.個人のゲームスタイル 2.今週何を学んだか。3.自分の弱み3つ、強み6つ

*テニスは考えるゲームである。*テニスは、肩から上でするゲームである。

以上、1週目のトレーニング終了です。

明日はお楽しみのドリームワールド!思いっきり楽しん来てね♪
 

AUSテニス界のレジェンド、ジェフ マスターズ元選手によるセッション

2015.03.26

今日は、また気温が30度にも上がり、蒸し暑い日でしたが、風がふくと多少気持ちが良い感じでした。今日のトレーニングは、ジェフマスターズ名誉コーチ、ポールコーチ、アンドレアスコーチでした。ジェフコーチは、1974年オーストラリアオープンダブルス優勝、1974年USオープンミックスダブルス優勝、1977年ウインブルドンダブルス優勝、など、グランドスラムは、フレンチオープンを除いて優勝しています。フレンチオープンは1976年に準々決勝まで行きました。今は、プロ活動からリタイヤされていますが、オーストラリアのジュニアのコーチをなさっていました。

ペアになり、1球で軽くヒット。グランドストロークとボレー。”CHANGE”というコーチの合図で、ボールはそのままヒットしながら、位置をチェンジする。*足は速く動かすこと。

〈サーブ〉グリップ:コンチネンタルグリップ  トス:指先を使う。コートの内側にボールをトスする。フィニッシュ:左足がコートの内側  注意点:*サーブでヒットするときは、必ず顔を上げてみること。ロジャーフェデラーは、いつもしている!

tennis day 4 015

*グリップ:手がグリップエンドから出すぎないこと。上級者には、高い位置からサーブができるので良いかもしれないが、今は出さない。

tennis day 4 014

一人4球。コーンを狙ってサーブ。コーンにあたると、ほかの人は、コートを一周。3人が見事にコーンにあてました。サーブのトレーニングの注意点:*集中してするように、トスをしたらヒットすること。トスに失敗したら、次の人とかわる。一球一球大切に、集中すること。試合のときはよいが、練習のときは、トスを失敗しないように。時間の無駄にもつながる。*サーブで左腕が疲れてくると、トスが低り、ネットになる。技術面も大切だが、フィットネスも大切である。*日本でもターゲットを使った練習をすること。

tennis day 4 025

3人交代でサーブ、2人はクロスコートにリターン。コーンを狙う。*風が出てきたので、サイドスピンでコントロール。*一球ずつ大切にトスしてボールをヒットするのが原則。*トスを失敗したら、ボールをキャッチして次の人と交代。(トスを大切にする練習)

tennis day 4 054

ペアーになり、クロスコートにヒット。*ラリーは良いが、サーブ、リターンがまだまだ。特にリターン。試合の場合:ラリーボールよりサーブ、リターンのほうがより重要。トスをして、必ずボールをヒットしなければならない。例)シングルゲームで6-4、4-6、6-4の場合、30ゲームプレーすることになる。その場合、一人のプレーヤーは、サーブを15回する。6ポイントとるためには、ファーストサーブは、90回、セカンドサーブは45回。 1日必ず90回サーブ(ファーストサーブ)、45回(セカンドサーブ)を練習すること。レシーブも同じ回数練習すること。練習時間の大半をサーブとレシーブに!

ドライブ、ボレー、スマッシュ:ダブルスのポジションで行い、3ポイントとったほうが勝ち。コーチの出したボールをリターン、ボレー、スマッシュする。*ボレーはみんなとても良い。

2人は、サービスラインでボレー、2人はベースラインでリターン。コーチがボールを出す。2ポイントをとると、ローテーション。ボレーの二人は、フェンス側を向いている。コーチのGOという合図で、振り向きボールをヒットする。ヒットできない場合は、サイドラインまで走って、ラケットでタッチ。

マッチプレー。タイブレーカーで10ポイントとる。

今日のレッスンのまとめ:*風向き、強さ、太陽の位置の確認. *セカンドサーブ:相手の弱みを利用。*specific measurable

クールダウン、ストレッチセッション:トレーニングの後は、リカバリーとストレッチを必ずする。筋肉をほぐし、ストレッチをすれば、翌日筋肉痛で歩けないということはない!

tennis day 4 086

今日もよくがんばりました。

tennis day 4 078

テニスガールズ day3 キンバリー選手と記念写真!

2015.03.25

今日のコーチは、ポーランド出身のヘレナコーチとジョンコーチでした。

ペアになり、フットワークを続けながら、ボールを2個使い、投げてキャッチする。片手で交互に投げる。両手で一度に2球投げる。クロスして投げる。バウンドして投げる。* ボールをよくみる。

tennis day 3 016

ジョンコーチの号令にあわせて素振り1.ワイドフォアハンド2.ワイドバックハンド3.クロースフォアハンド4.クロースバックハンド5. エクストラワイドフォアハンド6.エクストラワイドフォアハンドはじめはジョンコーチを見て、素振りをする。見るのではなく、耳で号令をよく聞いて、自分で動くように。コーチの号令を自分でリピートして、動く。*エクストラワイドフォアハンドをした後のリカバリーをしっかりする。

tennis day 3 032

*ボレーでは、ジョンコーチの胸を狙い、ラリーを続けられるように。*脳を使う。テクニックは誰でもトレーニングすれば上達するが、もっと脳を使って、プレーをする。*常にレディーポジションをたもつ。「あらあ、ボールがきたわ」という感じのオバサンテニスはしない。*ボールと体のスペースを使うこと *リカバリー*スピード:ボールに向かうスピードボールの周囲をつかうスピード。トッププレーヤーは、常にチャンスを待っている。*ネットでは、バウンスステップ、ベースラインでは、レディーステップ *ハイフォアハンドボレーは、左手の位置、バランスが重要。

ジョンコーチの話:ジョンがまだテニスの練習ををしていた時、コーチにボレーがやりたいといったときの話。コーチ:壁に向かって300球ボレーをして来い。ジョン:300球しました。コーチ:それでは、もう一度300球だ。ジョン:300球しました。結局、900球してから、コーチからボレーを教えてもらったそうです。ボレーのルール: 1. Volley the ball as far forward as possible. 2. Never wait for the ball.  Go forward and get the ball. 3. Keep the racket face above the wrist. 4. Make a brick wall of your racket. 5. Never cut across the line.  Flight with the ball. Angle the racket. 6. Sit down to the volley

2つのコートに別れる。コート1:2人でプレー。コート2:ヘレナコーチがボールを出し、ベースラインの2人がリターン、1人がボレーにもっていく。アウトしたら、1回ジャンプする。* ヒットしたら、必ず後ろに下がる。* ボールをヒットする方向をすばやく決める。* ボレーの注意点:Foot balance contact point * ボレーのコンタクトポイント:高中 Brick Wall 低     Angle the racket * ボールを良く見る。

tennis day 3 042

2つのコートに分かれる。コート1:クロス、クロス、ダウンザライン、クロス、とヒットした後は、自分の自由にヒットする。コート2:一人3球(2球ボレー、1球フィニッシュ)から4球、6球、とボール数が多くなる。* ラケットを振りすぎるとアウトになる。* ボールと一緒に前に進む。

ヘレナコーチがボールを出し、クロスでリターン、その後アタックに持っていく。5ポイントとったティームが勝ち。とったポイント数だけ、ハイジャンプする。

サーブ、レシーブ* ボールを見上げること。下を見ない。

トレーニングが終わったときに、ジョンコーチのお嬢さんで、ITFランキング662 (2015年3月23日)Kimberly Birrel (16歳)がコートにやってきてくれました。アンダー18の世界ランキングで昨年18位を記録した素晴らしい選手です。一緒に写真ととり、サインをもらいました。昨年は、大阪市長杯の準優勝だったそうです。3回も大阪に行っており、今年も大阪の大会に行くので、ぜひ応援に来てください、ということです。

tennis day 3 135

今日も暑い中、大変よくがんばりました。

October 2017
SMTWTFS
« Aug  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031