コーチ
世界のトッププロを輩出するテニスプラスのコーチ陣の指導で確実に技術アップ!

ヘッドコーチ

John Birrell


ジョンは16歳からコーチを始め、ドイツのDSCドゥッセルドルフにてデビスカップ出場選手の指導などを担当。
更に国際テニススクールのコーディネーターとして成功を収める。
世界ランキング89位のコニー・ドレスや、ジュニア世界一位のマディタ・スエーの指導など、多くのエリートを輩出。
最近では、キャッシュ・ホッパー テニス・アカデミーのヘッドコーチを務めていた。

マスターコーチ

Geoff Masters


マスターズはプロサーキットに1969年から参戦し、 1980年にリタイヤ。
その間、オーストラリアン・ハードコートチャンピオンシップ、オーストラリア インドア・チャンピオンシップ、タスマニア・チャンピオンシップのシングルのタイトルを獲得。
ダブルスでは、26のタイトルを獲得、オーストラリアン オープン、ウィンブルドンとUSオープン(ミックス)、デビスカップのオーストラリア代表。

ヘッドコーチ(ジュニア育成担当)

Wes Pope


20年のコーチ経験を持ち、アドバンス・コーチ資格のレベル2所持。

彼のジュニアの指導には定評があり、ゴールドコーストやビクトリアで多くの指導経験を有する。
尚、彼のガットの張り替え技術はまさに神業!

テニスコーチ

Paul Fox


30年のキャリアを持つテニスコーチ、 ジュニアから中級者の指導を担当。
2009年、テニスゴールドコーストの年間最優秀コーチにノミネートされる。

アシスト スタッフ

Nao Hirano (Director of NICC)

  • 日本人用プログラム全体の運営管理
  • 23年間の在豪経験
  • 前ゴールドコースト日本人会会長
  • 2009年在ブリスベン総領事表彰受賞
  • 2014年GC市コミュニティー・アチーブメント・アワード受賞

Kaemi Tait  (Tennis program coordinator)

  • テニスプログラムのサポートを担当
  • 2000年のシドニーオリンピック、日本ヨットチームの公式通訳
  • 豪州の通訳公式資格NAATI 所持